技術情報

シャトルEPコンバージョンセットをご購入のお客様へ


ESC(アンプ)の配線について


付属のESCはBEC回路を内蔵しています。
ESCのコネクターをそのまま受信機に接続するとESCから受信機に電源が供給されます。
シャトルEPではESCに内蔵したBECから供給される電流では容量が不足するためエンジン機
と同様に受信機用の別電源(ニッカドなど)を搭載する仕様となっています。
(本取扱い説明書では別電源を搭載する内容となっています。)

そのまま使用しても問題はありません。

しかし飛行用のバッテリーをコネクターに挿した段階で受信機が動作するため受信機の
スイッチのON/OFFに関わらず動作状態となります。

混乱や万が一のトラブルを防止するためESCの赤色のコードコネクターハウジングから外し
てご使用することを補足として説明させていただきます。

外した赤コードは電力が供給されている状態ですのでショートしないようにヒシチューブや
テープなどで絶縁処理をしてください。
コネクターハウジングからコードを抜けない場合は途中で切断しても問題ありません。
この場合もショートしないように処置を行ってください。




戻る
戻る




技術情報(アキュレート250)
技術情報(アキュレート250)